愛犬の杏姫が2008年4月に「てんかん」を発症しました。それに伴い愛犬の体調の記録と食事の記録など.


by inunogohan

発作

2日前の異常な興奮、パニック、
そして今日未明のあれこれを振り返ると、
いつ発作が起きてもおかしくなかったのでしょう・・・。

午前9時25分発作。

程度は強め。

時間は3分弱。
後半1分くらい発作がぐっと強まり、ここ数カ月で10回以上の発作を見つづけて来てるけどちょっと恐怖だった。
痙攣がおさまった後も横たわったまま動かず。
まぁ、これは最近の発作後はいつも。

痙攣がはじまってから6分後、意識が戻る。
その後、激しい徘徊は30分。
ウロウロ程度の徘徊が1時間くらい。

只今夕方4時。
状態は不安定のまま、顔付もおかしいまま。
杏姫、いったいどうしてしまったんだい???


薬を増量して5日半。
効果があるのかないのか、まだ日数的には微妙な段階。

いずれにしても、発作続きでダメージが恐ろしい。
獣医さんにも、発作の回数とダメージの怖さを前回指摘されてしまっていたので、
こうして発作が有るたびに、その恐怖が心にズシンとのしかかるのだった。
冷静に構えつつも、本当の所はそれを思うと怖くて仕方が無い。

でも、その覚悟が出来ている自分もまたいる。
歩けないなら、足になってあげよう。
見えないなら、目になってあげよう。
心の支えには、なってあげられるはずだから。

とりあえず、いつもと変わらずに過ごすのみ。

5月から続いている2週間の壁はなかなか超えられそうにないな・・。
逆に考えれば、どうか次の発作も最低2週間は空いておくれ。
そう願うばかりだ。
[PR]
by inunogohan | 2010-09-09 16:13 | てんかん・病気の記録